免許取得費用をもっと安くする工夫をしてほしい   no comments

Posted at 2:26 pm in 合宿免許

自動車学校に通う目的は、運転免許の取得です。

中には、ペーパードライバーで運転の練習に来ている人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は免許が欲しいのです。

教習所に通うには、入校の手続をして前金を払います。

教室での講義と実地の訓練がありますが、前金の範囲を超えると実地ごとお金を要求されます。

試験に落ちると仮免までの費用がどんどん増えていき、一体いくらかければ免許が取れるのか、とても不安になります。

運動神経の鈍い私にとって、この追加料金が必要な仕組みは、まったくもってふさわしくありませんでした。

こんな時に人に聞いた話では、都会では定額料金制のところがあるとか。

でも、そういうシステムのところは、もともと料金が結構、割高でメリットが薄いとも言われました。

そして、私のように鈍くさい人間は、試験に落ち続けると、期限の6ヶ月で全てがチャラになって免許は取れないし、お金だけかかってしまった、と言うことになるらしい。

これはおかしい。

免許を取るために学校へ行って、お金を払ったのだから、1年かかろうが2年かかろうが、取得できるまで面倒を見て欲しい。

それでは学校が儲からないとお考えかもしれないが、企業努力をして欲しい。

日本の自動車メーカーは世界一であり、ものすごく儲かっているのだから、日本国内で車に乗りたいと免許を取りに行く人をもっと支援してはどうなのか。

自動車メーカー、自動車ディーラー、自動車教習所が連携して免許取得希望者をもっとサポートして欲しい。

車は私たちの税金で作られた道路を走るのだから。

Written by admin on 1月 7th, 2014